RICOH IMAGING
トップページ Pentax Style フィールド フォーカス サポート ショッピング
さすらいの料理人さきっちょがおとどけする ごはん写真
K200D+smc PENTAX-DA 18-55mm F3.5-5.6AL IIを使用。絞り開放、絞り優先AEで撮影
※下の小さい画像をクリックすると拡大表示します
タテ方向の奥行き感と見切れることによる広がり感。やっぱりタテ位置が好きなようです
器も含めて全体を撮るとこんな感じ。少々暗めですが実際の色には最も近いと思います
被写体奥を多少とばしてみました。このくらいの方が清潔感があって良いかもしれませんね

今回のお料理

牛スジ大根煮込み

材料

牛スジ、大根、葱、八丁味噌、砂糖、しょうゆ、みりんほか

料理のポイント

大根は串が通るまで茹でておきます。牛スジは一度洗って茹でこぼし、アクと脂を取ります。その後、砂糖を加えてさらに煮込み、柔らかくなったところでしょうゆ、八丁味噌を加えます。さらに煮込むとコラーゲンが出てくるので、ここでみりんを加えます。そして大根を入れ味がしみるまで煮込みます。スジの硬い部分などは、煮込んで柔らかくなってから切る方が楽ですね。

 

再度濃い色の撮影に挑戦

前回に続いて今回も暗い色の料理に挑戦です。ただ、前回の料理はマットな質感だったのに対し、今回はツヤのある被写体を使ってみました。

このツヤですが、光が反射する部分ができつことによって暗部とのコントラストを出すことができ、マットな被写体よりも立体感を出しやすいと感じました。一方で、その反射する部分が多くなり過ぎないように注意する必要もありました。加えて、前回と同様、今回も暗い色ですので、暗部がつぶれてしまわないように気を付けています。

カメラの設定は、今回も絞り優先AEに設定し、絞りは開放に設定。シャッタースピードも前回同様1/6〜1/10くらいで、SRの助けによって満足できる写真が撮れました。またレンズも、お気に入りの標準ズームレンズsmc PENTAX-DA 18-55mm F3.5-5.6AL IIを使用しております。今回は器に深さがあったので、上方からの撮影が中心になりましたが、それでもなんとか立体感を出せたと思います。

 

プロフィール

さきっちょ

さきっちょ

神奈川県藤沢市生まれ&育ち。グラフィックデザイナーから転身した異色の料理人。現在はひっそりとごはんバーを仕切りながら、フードコーディネイトなどもこなしている。得意&目指している料理のテーマは、懐かしくて新しい家庭料理。だしと素材の味を大切に日々思考錯誤中。