RICOH IMAGING
トップページ Pentax Style フィールド フォーカス サポート ショッピング

ペンタと私と東京の隙間

東京の朝
東京の朝
PENTAX Q+01 STANDARD PRIMEで撮影

「朝のつくりかた」 午前三時をまわった 寝静まった街の一軒一軒に 朝を点火していく新聞配達人。 読んでいた本を一旦閉じて ぬるくなったビールを口に含み 耳を澄ましてみると聞こえてくる。 北へ 南へ 西へ 東へ あちらへ こちらへ スーパーカブにまたがった 朝の配達人の駆けめぐる音が 街をゆっくりと起こしはじめる。 左足でカチャカチャと ギアチェンジを行い 暗闇のポストに朝を入れてゆく。 またひとつ朝が点火した。 山に舞うホタルのように 家々のポストが ぽっと光を放ちはじめ それがいくつもついた頃 ニワトリが鳴きはじめ それがいく千もついた頃 朝顔が咲きはじめ それがいく万のいく万もついた頃 いく万もいく万もの おはようが聞こえ出す。 深い夜の上を 集まった光と おはようが満たし 今日がはじまる。 私は大きく伸びて 今日をはじめる。