RICOH IMAGING
トップページ Pentax Style フィールド フォーカス サポート ショッピング
おはよう、ヒマラヤ。
(中編)
登山が禁止されている神の山、マチャプチャレ。
登山が禁止されている神の山、マチャプチャレ。

その日は、よく晴れていた。「落ちたら、死ぬなぁ。」という気持ちがあったせいか、十分には眠れなかった。寝不足のまま、なるべく肌の露出が少ない服に着替え(万が一の時を考え)朝一で出発した。他の旅行者と合流し、四駆の荷台にゆられ山道を登っていく。

30分ほど山道を登ると、飛ぶ場所へついた。標高1500メートルの、見晴らしの良い、ゆるやかな崖だ。レクチャーを受け、順々に空に向かって飛び立っていく。もうすぐ私の番…。飛ぶための装備をつけ、風を待つ。
風帆がぐんと上がると同時に「RUN」という、かけ声が掛かり、パラグライダーを担いだまま崖に向かって走った。そして、崖の際まで走り、「あー落ちる」と思わず目を閉じようとしたところで、ふわっと足が地面から離れ、あっという間に宙に浮かんだ。

標高1500メートルの景色の中に、壁のようなヒマラヤがいた。とてつもなく大きく、とてつもなくどっしりとした山脈がどこまでも続いている。視線を下に落とすと、はるか下の方に湖が見える。水牛の群れや青葉、雲、鳥、さまざまな生き物が目に飛び込んでくる。いつのまにか怖さは消え、「両手をのばすと鳥に近づけるよ」というインストラクターのアドバイスを聞き、手を高く伸ばした。体が軽くなり、飛んでいるようだった。

パラグライダーを終えたその日、山の上の宿へと移った。ポカラの市内から、1600メートルほど上がったところだ。
宿の近くには、小さな集落があり、日用雑貨店や食堂がある。私は、ネパール式「やきそば」をいただいた。すると少年たちが相席してきた。タブレットをタッチしながら、やきそばを食べているので、何をやっているのか聞いてみると、少年が見せてくれた画面には、「パズドラ」のようなゲームが映し出されていた。

少年は私に「こうやって遊ぶんだよ、やってみなよ。」とタブレットを渡してくる。ネパールの山奥で17歳のネパール青年に、パズドラを教わる私…。実に、不思議な気分だ。さらに「facebookやっている?」と聞いてくる。驚く私の横で、お店のママは雨水を貯めたタンクの水を使って食器を洗っていた。
そう、水道もないのに、年がら年中停電ばかりするのに、タブレットはあり、facebookで世界と繋がっている。舗装されていない道路や崖っぷちに立つ商店、寝そべる牛を眺めながら、ふしぎな気分になった。世界はどんどんいびつに、狭くなっている気がした。

その次の日。ヒマラヤを見ようと、5時半に起床した。ベッドに横たわったまま、窓の外に視線を移すと、山脈がうすぼんやりと、でも確実にそこに見えた。日本を発つ前、ヒマラヤに「おはよう」って言うんだ、と決めていたが、いざ心に浮かんだ言葉は「ごめんなさい」だった。かないっこない圧倒的な自然を前にし、自分がずいぶん傲慢な人間に思え、申し訳ない気持ちになった。

刻一刻と変化していく空の色。ただそれを眺めている。東京での日常との違いを改めて感じていた。同じ時代、時間の中で、こんなにも違う生き方があるんだ、と。どれくらい眺めていただろうか。空の色が赤色に染まりはじめたころ、ベッドから這い出し、外へ出た。

私は、ようやく「おはようございます」と言った。真ん中にそびえる、神の山、マチャプチャレ。大げさにいうならば、「こんな朝が存在しているんだ」と思わずにはいられなかった。

山にみとれていると、宿のおじさんがチャイを淹れてくれた。暇そうなので話しかけると「ネパールは山しかないんだよ。海でもあれば、魚が捕れてもっと豊かなのに。」と言うので、笑ってしまった。「山は山でも世界一ですよ。」と私は目の前にそびえるマチャプチャレを見ながら言った。

記憶に残る朝を胸に、旅の終着点、世界遺産の街カトマンズを目指した(後編へと続く)。

<<< 前編へ
後編へ>>>
 
著者プロフィール
めいりん/1980年生まれ。コピーライター、音楽家として活動中。2006年3人組ユニット「くもりな」としてメジャーデビュー。現在は、くもりなの他に小島ケイタニーラブとの「トワイ」などでも楽曲を発表。
高校時代は写真部部長を務める。現在は探検クラブ隊長として、おもしろい被写体や場所を日々探している。
別ウインドウで表示ブログ「おなら日記」
別ウインドウで表示くもりなHP
別ウインドウで表示トワイHP
山の上の崖に立つ、雑貨屋。
制服を着た子供達。
 
お昼ご飯を食べるふたり。
ネパール式焼きそば(チャオメン)は、ケチャップをつけて頂く。
 
焼きそばを作るママ。食後にチャイの作り方を教わった。
蛇の神さま。
 
バスの上から投げキッス。
移動式フルーツ屋。マンゴーとブドウを買った。
 
部屋から見た、山。どこまでも山。
朝5時過ぎに起床して、部屋からみた景色。
 
朝焼け。右の建物に泊まっていた。
ヒマラヤ山脈を見ながらチャイを頂く。贅沢な朝。
 
山のレイヤー。壁に守られている。
出発前。部屋のベランダから。
 
写真はPENTAX K-50で撮影