RICOH IMAGING
トップページ Pentax Style フィールド フォーカス サポート ストア
フォーカス / ペンタックス光楽調査班 / Dr.M /

1. 赤と緑

カメラが、フィルムやCCDといった光を感知する部分に通す光の量を露出と言いますが、この露出を自動で行う場合(多くのみなさんがご利用になる場合は自動になっていると思います)、表現するのが得意な色があります。

その代表的な色が赤と緑。適正露出の基準としている光の反射率にもっとも近いからです。赤いバラや笹の葉などはその良い例となることでしょう。

では、そういった色以外はどうやって撮れば良いのでしょうか?そのために使用する機能が「露出補正」です。次回からは、露出補正することによってキレイに撮れる代表例をご紹介いたします。

 
露出補正:0(露出補正をしない)

*ist DS + smc PENTAX-A Macro 100mm F2.8で撮影。F値:2.8、ISO感度:200、露出プログラム:絞り優先モード、測光方式:スポット測光
露出補正:−1.0
露出補正:−0.7
露出補正:−0.3
露出補正:+0.3
露出補正:+0.7
露出補正:+1.0
 
露出補正:0(露出補正をしない)

*ist DS + smc PENTAX-A Macro 100mm F2.8で撮影。F値:7.1、ISO感度:200、露出プログラム:絞り優先モード、測光方式:スポット測光
露出補正:−1.0
露出補正:−0.7
露出補正:−0.3
露出補正:+0.3
露出補正:+0.7
露出補正:+1.0
コメンテーターDr.M
コンテンツ
Dr.M'sメモ
一眼レフカメラだけではなく、コンパクトカメラも含め、マニュアルモード(M)、バルブモード(B)以外は自動で露出を行っています。「露出が自動」ということは、シャッターボタンを押すと同時に(シャッターが開くと同時に)光の量を計測し始め、適正と判断したところで自動的にシャッターを閉じます。詳しくは取扱説明書をご参照ください
リンク ペンタックスファミリー 写真三昧 SHASHIN ZANMAI