RICOH IMAGING
トップページ Pentax Style フィールド フォーカス サポート ストア
写真散歩は「Limited」で!街歩きが楽しくなるレンズ&使いこなしワンポイント
1 2 3

街角にポツリポツリと立葵や紫陽花が色を添えて、すっかり初夏の陽気になりました。カメラを持ってお出かけしたい季節ですね。K-xは可愛くてコンパクトだから、街歩きをしながらの気軽な撮影にも最適です。今回はそんな写真散歩がちょっぴり楽しくなる、そんなレンズをおススメの街歩きスポットと共にご紹介したいと思います。

今回ご紹介するのは写りにこだわった単焦点レンズ「DA Limited」のシリーズ。「単焦点」とはズームしないレンズの種類です。この「DA Limited」レンズは比較的明るくてコンパクト、そして高級感のある外観といった特徴を持っています。5種類のラインナップがありますが、今回は「DA 40mmF2.8 Limited」 と「DA 35mmF2.8Macro Limited」、そして「DA 21mmF3.2AL Limited」の3本を使ってみました。

1.DA 40mmF2.8 Limited

まず、見た目に特徴があるレンズです。とっても薄いので「パンケーキレンズ」とも呼ばれます。K-xに装着しても大きくならないので小さなカバンにも収まりやすく、さっと取り出すことができます。まさに写真散歩にぴったり。このレンズ1本だけを持って、根津・千駄木の下町を散策してみました。

使ってみると、「40?」という焦点距離は人が普段意識している視野より少し狭い感じがすると思います。ところがこの「ちょっと狭い」感じが路地を歩いていて心地よく、ふと気になった光景にすなおにカメラを向けると余分な部分が写らずにいい感じに写ります。撮り方はもちろん自由ですが、あまりカメラを被写体(撮影する対象)に対して上や斜めに構えず、ストレートに撮るとこのレンズの面白さが生きてきます。また、一番寄れる40?まで近づいて撮影すると思いがけずキレイな背景のボケを得ることが出来ます。この日は半日の下町散策を1本のレンズで楽しく撮影することができました。

1 2 3
 
レンズ&作例紹介
DAレンズ
FA Limitedレンズ
ソフトレンズ・マクロレンズ
FA Jレンズ
お役立ちガイド
デジタル&35mmレンズ主なアクセサリー対応表
デジタル一眼レフカメラ PENTAX K-x Special Site