RICOH IMAGING
トップページ Pentax Style フィールド フォーカス サポート ショッピング



smc PENTAX アイピースの技術紹介
製品と概要
XOシリーズ開発の経緯
XOシリーズのレンズ構成
XOの優れた透過特性
XOの眼視性能と写真性能
XWシリーズ開発の経緯
XWシリーズのレンズ構成
ヘリコイド式回転目当て
XWの優れた透過特性
XWの眼視性能
アイピースとは?
拡大撮影レンズとは?
アイピースの見やすさ
アイピースの構成と光学性能
高コントラストの追求


smc PENTAX XOシリーズ/smc PENTAX XWシリーズ


次ページ






[smc PENTAX XW シリーズ]と、比較に広視界アイピースとして一般的なエルフレタイプ(20mm:当社設計例)の非点収差図を示します。
XWシリーズは視野周辺での非点収差が良好に補正されており、広い視野の隅々までシャープでコントラストの高い像性能を示します。
XWシリーズの開発経緯>>
レンズ構成>>
優れた透過率>>

収差図について
アイピースを通して星空を観察すると、視野の周辺でピントがぼけて、点像であるはずの星が膨らんで見えることがあります。 さらに詳しく視野周辺を観察すると、ボケた星像が丸ではなく視野の中心に対して放射方向や同心方向に延びて見えることがあります。 これは視野周辺のピントのずれ方が放射方向と同心方向とで異なるために起こる現象で、非点収差と呼びます。 この放射方向と同心方向のピントのずれ方を示すのが非点収差曲線で、縦軸に視野中心からの距離(見掛けの角度)、横軸にピントずれ量を表示しており、実線が同心方向のピントずれ量(DS)、破線が放射方向のピントずれ量(DM)を示します。